現在の位置: 上野村 > イベント情報 > 釼持忠夫スケッチ展と大谷悦芳書道展開催について

釼持忠夫スケッチ展と大谷悦芳書道展開催について

更新日:2017年4月 9日

川の駅上野内にある上野村森のギャラリーでは4月27日から6月26日まで特別展を開催いたします。


世界の山を描く 釼持忠夫スケッチ展

会期

4月27日(木)~5月24日(水)

見所

山に教えられ、心を豊かにしてくれた自然と人との触れ合いを描いた画家・釼持忠夫のスケッチの数々を展示します。

展示作品

「アマ・ダブラム」「カンチェンジュンガ」「デマバンド山」、「ゴーキョピークから見たエベレスト山群のパノラマ」など

プロフィール

日本100名山完登、モンブラン、マッターホルン(ヨーロッパアルプス)、マッキンリー(アラスカ)、(南米アンデス)、ダバマンド山(イラン)など世界各地の名峰を登頂する。
登山時のスケッチなどによる絵画個展を多く開催。有楽町交通会館など都内4回、地元1回。
著書として「世界の山を描く」(白山書房)がある。
長年趣味として「そば打ち」を行ってきたが、腕前はプロ級。埼玉県比企郡鳩山町在住

書の世界 大谷悦芳書道展 ~子供たちといっしょに~

会期

5月26日(金)~6月26日(月)

見所

アラスカの写真家・星野道夫の残した言葉を中心に、自然の詩をテーマとした大谷悦芳の書

プロフィール

小学校3年生より書を始め日本書道専門学校を卒業後、書道教室を37年間つづけ現在に至る。また、「装道礼法きもの学院」高等教授科を修学し、着装や礼法を伝えている。
独立書人団準会員、抱一会会員、毎日書道会会友 悦芳書道会を主催する。
師:柿下木冠、大石千世(独立書人団審査会員)

その他

開館時間は10時~17時、祝日を除く木曜休館、入場無料となります。
会期や展示予定作品などは都合により変更となる場合がありますのであらかじめご了承ください。

特別展開催中も、ちびっこ広場「森っ子」は使用できます。

お問い合わせ:上野村産業情報センター 0274-20-7070

このページの先頭へ